長引く便秘

長引く便秘からの下痢のコンボを防ぐ為に

長引く便秘からの下痢のコンボを防ぐ為に
ある方法を活用します。

 

これまで体調もお通じも良好で不安な要素は
何一つ無かったのに、突然便秘が始まってしまい
困惑してしまうケースがあります。

 

便秘が数日間続いた後は決まって酷い腹痛に転じ、
最後は下痢となってようやく一連の症状が収まる、
といった具合です。

 

おそらく自分でも気付かないうちに受けていたと思われる
日々のストレスが微妙に腸運動に悪影響を及ぼしたのかも
知れませんが、便秘はともかく最後の下痢だけは未然に
防がないと、通勤中や就寝中に急に便意が起こり、
落ち着いて過ごす事さえままなりません。

 

なるべく便秘に陥った時点で対策を打ち、その後の
症状の急変を軟便程度にまで抑え込めれば
ベストなのです。

 

結局のところその最善の対策としてお腹を
冷やし過ぎず、メンタル的にもストレスや焦りを
感じない様努める、といった方法が好結果に
繋がる事が分かりました。

 

どんなに我慢していても不快な便意は必ず
やって来てしまうものと達観し、その程度が
酷くならない様お腹を冷やす事は絶対に避け、
またそれらの症状に対して必要以上に不快感や
ストレスを感じない様平静に努めるのが良いのです。

 

もちろん排便自体がそれらの原因となる毒素の
デトックス効果を生み出す訳ですから、無理をして
我慢せず、温かくかつ適度な排便を促してくれる
飲食を意識して摂る事も大事と知りました。

 

特に効果的だったのは人肌程度まで温めた
ホットミルクに粉末青汁を溶かしたもの、そして
お腹も満たしてくれるバナナでした。

 

これらを朝食に入れる事により、便秘が
長引きそうな危険な状態をすぐに脱する
事が出来たのです。

 

あれ?風邪をひいたかなと思ったら・・・

 

社会人になると少々の体調不良で会社は休めませんよね。

 

多くの人は多少無理をしてでも出勤をすると思いますが、
そんな日の作業効率は当然ガクッと落ちてしまいます。

 

そこで、自分の体調の変化を敏感に察知して、
仕事や毎日の生活への影響を最小限に抑えましょう!

 

自分の体調のとらえ方ですが、過去に体調を崩した時を
よく思い出してみると何かしらの兆候が必ずあったはずです。

 

朝起きるとのどに違和感がある、鼻をかむ頻度が
ほんの少し増えた、頭がぼんやりして集中力が続かないなど、
いつもと違う症状があれば要注意です。

 

そんな時は「水分補給」と「ビタミン補給」を
しっかりしましょう。

 

まず水分ですが、ただの水よりはスポーツドリンクが
おすすめです。

 

少しでも効率よく体に水分を取り込むために、
少量を回数を増やして飲むとよいです。

 

かばんの中や机のそばにペットボトルを常備して、
のどが渇いたと感じる前に意識的に飲みましょう。

 

ビタミン補給は手っ取り早いのは野菜ジュースだと
思いますので、食事の際や寝る前などに
飲んでおきましょう。

 

果汁100%のオレンジジュースや
アップルジュースでもよいです。

 

これらの対策をしっかりしておけば急に体調を
大きく崩すことは防げると思いますが、1、2日
様子を見てあまり回復しなければ薬を飲むか、
病院に行くなど無理はしないようにしましょう。