体調がおかしい時食べるといいもの

体調がおかしい時食べるといいものがあります!

体調がおかしい時食べるといいものがあります。

 

私の場合ですが、体調がおかしいなと思った時
馬鹿食いはしないようにしています。

 

何でもいいから食べれば体調が良くなるとは
思えないのです。

 

食べ過ぎたらもっとひどくなると思っています。

 

だから食べれるものは何でも口にすれば
いいとは言えません。

 

あっさりして消化の良いものを食べればいいのです。

 

私の場合はうどんです。うどんは消化は良いから、
体調を良くしてくれます。私は一日三食が
うどんでもいいのです。

 

素うどんが一番好きです。

 

でもそれでは飽きてしまうので、えび天を入れたりあげを
入れてみたり、最近ではとり天がとても美味しいと
思うようになったのです。

 

体調がおかしい時にうどんを食べると、少しだけ元気が
出てくるのです。

 

確かに物足りないですが、それでもうどんは
消化が良いから食べ続けています。

 

すると自然とお肉が欲しいな、野菜が食べたいなと
思えるようになってくるのです。

 

そうなってきたら体調は良くなってきた
証拠なのです。

 

元気になってきたらもっと他のものを、
いっぱい食べたくなってくるのです。

 

体が弱っている時に、体調がおかしくなってくるので
もっと体をいたわってあげないといけません。

 

そんな時食べたいものを食べるのではなくて、
うどんがいいと思います。

 

そして、
体調が悪くなったときは昨日の自分を
把握して二度と悪化しないようにする。

 

体調が悪くなったとき、何をしますか?

 

風邪薬を飲む、病院に行く、気合で乗り切る等々
あるかと思いますが、これらに加えてやって
ほしいことがあります。

 

それは体調が悪くなる前に自分は何を何を
していたのかを把握することです。

 

つまりどういうことかといいますと、体調が
悪くなるときというのは、体調が悪くなる前に
生活習慣が変わっていたり前触れがあるものなのです。

 

その前触れを把握し対処しておくことで、体調の
悪化を防ぎやすくなります。

 

例えば、ニキビができるときというのは、たいてい
便秘をこじらせていることがわかりました。

 

さらに便秘をこじらせる前には、肉中心の
食生活で野菜の摂取量が足りないことが多いです。

 

もっというなら食物繊維の摂取量が
足りないのです。

 

ということは、日頃から野菜やサプリを摂取する
習慣を身につけ便秘を防ぐこおが、ニキビを
防ぐことになるのです。

 

体調が悪くなってから対処するのではなく、
体調が悪くなる前に予防策を講じておくことが
大切です。

 

そして、いざ体調が悪くなってしまった場合は、
なぜ体調を悪くしたのかを分析し、二度と
同じ原因で体調を崩さないように生活習慣を
変えていくべきなのです。

 

これこそが体調が悪くなったときにすることです。
もちろん無理はしない範囲で。